坪倉青果店の徒然な日々。

京都の福知山で青果店をしています。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、たけのこご飯を炊きました♪
こうして季節のものを味わうのは、とっても贅沢なちいさき幸せだと思います。
おこげもいい感じ~♪




[材料](4人分)
お米 3合
筍の水煮 2/3本
油揚げ 1枚
だし汁(又は水)適量
木の芽 適量
酒 大さじ3
みりん 大さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1
塩 小さじ1/2


[作り方]
①お米は炊く30分前に洗って、ザルにあげる。.
②水煮タケノコは、食べやすい大きさの縦薄切りにする。
③油揚げは熱湯に通して油抜きし、縦半分に切って細切りにする。
④炊飯器にお米、調味料を入れ、3合の線までの分量のだし汁を加え、
 水煮タケノコ、油揚げを加えて炊く。
⑤炊きあがったら10分蒸らし、全体に混ぜて器に盛りつけ、木の芽を添える。


ちなみに、私は、ちょ~~簡単に作っちゃいます。
前日に炊いた筍を薄くスライスして
炊飯器にお米、水に昨日の煮汁を加えて3合の線までの分量にして、
筍をいれて炊きます。(笑)今回は油揚げも木の芽もナシ!手抜きです。
でもとっても美味しいです!はい!(笑)


(スタッフ:K)
スポンサーサイト
たけのこのおいしい季節がやってきました。
報恩寺のたけのこです。



[たけのこの下ごしらえ]

こんなふうに、あたまのほうを斜めに切り落とします。

たっぷりの水に、ぬかを入れるか、お米のとぎ汁を使うかのどちらかで、
唐辛子を2~3本いれて、皮のまま、竹ぐしをさして通るまで
落し蓋をして 茹でます。

そのまま、一晩置きます。
急ぐ場合は、さめるまで置いておきます。
そして皮をむいて、水にさらします。
それから、料理に~♪



今日は、たけのこの煮物でした♪
柔らかくって、とっても美味しいです。


[材料 ]
筍の水煮
砂糖 大さじ2強
醤油 大さじ2
酒 大さじ2
カツオ節  小1袋(50グラムくらい)
だし汁
[作り方]
①下ごしらえした筍を縦2等分してから横に1cm間隔くらいでカットします。
先端は大きめにカットする。
②鍋に筍を入れてダシ汁をひたひたに入れ、沸騰したら砂糖・醤油・酒を入れて水分が少なくなるまで煮る。最後にカツオ節を入れて出来上がりです。


(スタッフ:K)
今日は、そら豆の塩茹でをおかずの一品に♪

そら豆の皮をむいて、たっぷりのお湯に、ひとつまみのお塩を入れて茹でて、
茹で上がった豆に、お塩をふって出来上がりです。



(スタッフ:K)
そら豆は塩茹でにしたり、甘辛に炊いたり、色々なお料理で頂きます。
そら豆、美味しいですよ~♪

今日は、はじめて「天ぷら」にしてみました。
アツアツをお塩をつけていただきました。

おつまみにサイコーです。
ぜひ、お試しください。

(スタッフ:K)
先日、アクリル毛糸を2玉、買ってきました。

昨日と今日の夜、毛糸のタワシを編みました。
毛糸2玉から5つのタワシが出来上がります。
毛糸が約200円だったので、1個は40円なんですね~♪
この5つも被災地に贈ります。
大好きな色合いです♪

中心になって活動されている『手づくりの店・とくら』さんに届けます。




なんだか毛糸のタワシ編みにはまってしまったかもしれません・・・。
あまり上手ではありませんが、心を込めて編みました。
少しでもお役にたてますように・・・。

(スタッフ:K)
昨日の夜、ハヤマ理容さんの奥さんにお借りした本の中から、簡単そうなものを選んで(笑)
毛糸のタワシを編みました♪
毛糸がなくなったので、4つで終了です。
編み物は、ひさしぶりで、あまり上手ではないけど・・・。

お花みたいで可愛いでしょ!?自分用にも今度編んでみようかな♪



これは、ハヤマ理容さんの奥さんに見本で編んでもらったものです。
最初はこれを編もうと思っていましたが、
「難しい、ややこしい・・・」との事なので断念(笑)


この5つと一緒に、
なんと!ハヤマ理容さんの奥さんがすでに編んでいた大量の毛糸のタワシ(11個!!驚)を

ちょうど店に寄ってくれたお友達のyurikoさんに 帰り道なので
「丹波生活衣館」の受付まで届けてもらうことに♪
yurikoさん、雨も降っているので、ほんとに助かりました。
ありがとう。

(スタッフ:K)
だいぶ前に、両丹日日新聞に、
「被災地に毛糸のタワシを編んで贈りましょう」という 『手づくりの店・とくら』さんの記事が載っていました。
今日が、その活動日だった!?と思い出して
お昼休みに 会場になっている「丹波生活衣館」に行って来ました。



奥のお部屋に行くと、ほんとに たくさんの方が ボランティアで毛糸のタワシを編んでいました。
私もピンクと白の毛糸と編図をいただいて持参した編み棒で♪
ひさしぶりの編み物です。





店もあるので、早々に失礼してきましたが、
あとは、お家でコツコツ編んで、出来上がったら 今月末までに届けます。

いろいろなところで、被災地の為に、何か役に立つことはないか?とみなさん考え
行動を起こしていらっしゃる・・・。
私も、少しでも、お役にたてるよう、頑張ります。

同じききょう通リ商店街にある「ハヤマ理容」さんの奥さんが、編み物が得意なので
とりあえず、見本に編んでもらおうっと♪(笑)

(スタッフ:K)
今日は、ひさしぶりのお天気です。

なので、今朝の愛犬とのお散歩は、近くの公園にお花見に行きました。
うす桃色の桜を見ると、心が癒されます。
日本人で、桜が嫌いな方は、おそらくいないでしょう・・・・。




昨日で震災から1ヶ月がたちました。
昨日も、今日も、大きな余震が続いています。
被災地のみなさん、ちゃんと眠れているのでしょうか・・・。
この続く余震に、また怖い思いをされているのでは・・・。(涙)

早く、この余震がおさまってくれたらいいのに・・・・。と願わずにはいられません・・・。

(スタッフ:K)
だいぶ前に店主の大学の先輩のU様から美味しい物が届きました。
冷凍だったので、冷凍庫に保存していました。


昨日、やっと夕飯に長崎に旅をしている気分で食べました。
とっても おいしゅうございました。
U様 ありがとうございました。

店主は「長崎さらうどん」を

わたしは、「長崎ちゃんぽん」を~♪


そして、デザートは、今日 店主の同級生のOさんにいただいたプリン。
(ちなみに、Oさんには、焼きたてのぶどうパンもいただきました。)
Oさん、ありがとうございました。

なんて、春らしいプリンでしょう!とても美味しかったです♪


ちなみに餃子も、わたしの従姉が送ってきた有名な宇都宮の「まさし」の餃子です。
今日の夕飯は、みなさんの愛がいっぱい~(笑)

(スタッフ:K)
ご紹介が遅れましたが・・・・
当店の看板犬、2002年1月11日生まれの9歳、ジャーマンシェパードのラズ姫です。



先日、昇進いたしました。(笑)


からだはデカイですが、おとなしく穏やかな可愛い子です。
どうぞ お見知りおきを~。

(スタッフ:K)



「天然葉わさび」が入荷しました。
1束(200グラム)300円でございます。




葉わさびの簡単醤油ずけ
ちなみに、こちらは、毎年 店主自ら作ります。


[材料]
葉わさび 3束
醤油
好みによって、みりん・ちりめんなどを入れます。

[作り方]
①水洗いした葉わさびを3~4センチに切り、ザルにとって水気をきります。
②沸騰したお湯を、さっと①に、まんべんなく かけます。
③②を絞って、まな板の上で、包丁の背でたたきます。
④③を容器にいれ、醤油をひたひたに入れ、冷蔵庫で1晩置いたら出来上がり。

好みで、醤油とみりんを合わせたものをいれてもいいし、
ちりめんを加えてもうまい!そうです。


店主曰く、「酒の友、お茶漬けに最適!ちょ~~簡単です!お試しあれ!」

(スタッフ:K)
花粉症で辛い時期ではありますが
春になると、色々な山菜が店頭に並びます。
季節のものを楽しむこと・・・ささやかですが幸せなことだと思います。

今日は、「わらび」をご紹介しますね。

わらびは、下準備・あく抜きをしてから料理します。


[あく抜きの方法]
①熱湯にわらびを入れ、すばやく重曹(タンサン)(水の量1リットルに対し小さじ1杯程の割合)を入れます。
②わらびを裏返して火を止めます。
③そのまま冷まします。
④完全に冷めたら、洗って食べることができますが、苦味が残ることがありますので、数時間水につけます。

*わらびのおひたし*
[作り方]
①あく抜きしたわらびを、塩を一つまみ入れた熱湯で色よく茹でます。
②わらびを水にとり、水気をしぼります。
③わらびを4センチ程の長さに切ります。(元のかたいところは切り捨てます。)
④しぼって器に盛り、しょう油をかけます。

*わらびの煮物*
[材料](4人分)
・わらび(あく抜きしたもの) 100グラム
・油揚げ1枚
・だし汁 240cc
・しょうゆ 大さじ1

[作り方]
①あく抜きしたわらびを3~4センチの長さに切ります。 
②油揚げを短冊切りにします。
③鍋にだし汁をいれ、火にかけます。
④③の鍋に油揚げとわらびを入れます。
⑤沸騰したらしょうゆを加え、落し蓋をし、さっと煮たら火を止めます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。