坪倉青果店の徒然な日々。

京都の福知山で青果店をしています。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お昼休みに、青梅で梅ジャムを作りました。。。。
気軽に 作りはじめましたが 結構大変な作業で時間がかかりましたよ~~。


種と、皮を抜いた梅ジャム。


やっぱり皮を捨てるのはもったいない気がして、刻んで、少し水を足して炊きました。
皮を入れた梅ジャム。色がちょっと濃くなりました。。。


私は、お湯に梅ジャムをいれて、かき混ぜて溶かして?飲んでます。
これ、結構美味しいです。
冷たくして、飲んでも美味しいかも?です。



たくさん出来たので、種と、皮を抜いた梅ジャムの方を お友達にプレゼントしました。
お口に合うといいけど・・・。
お味見してもらった店主は「結構、好きかも?」って言ってましたが。。。
どうでしょう?



【 材料 】
梅 1kg
砂糖 700g (私は500gにしました。)

【 作り方】

①青梅はサッと水洗いし、ホシを竹串で とり除く。
②鍋に梅を入れ、たっぷりと水を注ぎ、中火にかけ、ひと煮立ちしたら水をすてる。
これを、固い青梅なら2~3回、 完熟梅は1~2回繰り返す。
茹で上がった梅を、ザルにあげて水気をきり、冷ます。
③種を取り除き 実を、包丁で刻んで細かくする。
④鍋に、つぶした果肉を入れ、砂糖の三分の一の量を加え、
よく混ぜ合わせて、中火にかけ、鍋底が焦げ付かないよう 絶えずかき混ぜながら煮る。
⑤残りの砂糖の半分を加えて、5分程煮る。そして弱火にして5分ほど煮る。
⑥浮いてくる灰汁(アク)を丁寧に取りのぞき 残りの砂糖を全部入れ さらに15~20分煮る。
果肉が透明っぽくなり、トロッとしたら出来上がり。
熱いうちに殺菌した保存容器に入れる。




(スタッフ:K)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。