坪倉青果店の徒然な日々。

京都の福知山で青果店をしています。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の福知山は、雪景色です。。。





七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、
江戸時代に広まったそうです。
お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、
青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、
また無病息災を祈って七草粥を食べたそうです。

西条の七草 
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(かぶ)、ズズシロ(だいこん)




                                      (スタッフ:K)

[材料](3~4人前)
七草
白米:2カップ
水:7カップ
塩・醤油:少々

[作り方]
①七草をきれいに洗い、(ダイコン・カブラは、薄くスライスしておくとよいでしょう。)
熱湯の中に塩少々を入れて、さっとゆでて水にさらして、1~2センチの長さに切る。
②米はきれいに洗って、ザルにとり、30分ほど水切りしておく。
鍋に洗った米、水を入れて火にかける。
③沸騰して煮立ってきたら、弱火にして30~40分くらいゆっくり煮ます。
途中、かき混ぜると、ねばりが出るので注意します。
④米がやわらかくなったら、
塩少々と、好みで風味をそえる位の醤油を加えて、あっさりと味付けし、
薄くスライスしたダイコン・カブラを加え、しんなりするまで少し煮ます。
最後に他の七草を加え、出来上がりです。


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://tsubokuraseikaten.blog.fc2.com/tb.php/4-d9bac115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。